2020年の「いわて雪まつり」は8つの会場で開催予定 ぽかぽかの温泉も【岩手】

岩手の冬を代表する観光イベント「いわて雪まつり」が2月7日から5日間開かれる。

今回「鶯宿温泉」が新たに開催地となり、雪で遊んだあとは、ぽかぽかの温泉も楽しめる。

滝澤悠希アナ「メイン会場の雫石町・岩手高原スノーパークです。例年に比べると雪は少ないということですが、今日も雪が舞っていて銀世界が広がっています」

2020年で53回目を迎える冬の風物詩「いわて雪まつり」。

雫石町と滝沢市、盛岡市の過去最多となる8つの会場で開催予定。

岩手高原スノーパークには、長さ約30メートルの巨大滑り台や郷土料理の屋台が設けられる。

そして目玉となる雪像は、SL銀河や新幹線のほか、町のマスコットキャラクター「しずくちゃん」など6基が制作される。

滝澤悠希アナ「雪遊びをしたあとは、温泉でゆったりするのもいいですよね。今年から新たに『鶯宿温泉』が会場エリアに加わった」

鶯宿温泉の9つの宿では、昼食と日帰り温泉が満喫できる期間限定のお得なプランを提供し観光客拡大を目指す。

いわて雪まつり実行委員会・松原久美宣伝部会長「インバウンドも一つの大きな誘客につながってくれればいいなと。家族でわいわい雪と、ともにはしゃいでいただきたいなと思います」

いわて雪まつりは、2月7日から11日までの5日間開催される。