奄美空港9日始発から運航再開 JAC機滑走路停止 国交省は原因調査開始

カテゴリ:地域

奄美空港で着陸後に滑走路を外れて停止した航空機の移動作業が、8日夜のうちに終わり、奄美空港発着の便の運航は、9日の始発から再開しました。

8日、午前10時ごろ、喜界空港発、奄美空港行きの日本エアコミューター機が、着陸後に滑走路を外れ、脇の草地に停止しました。

乗客乗員あわせて21人にけがはありませんでした。

この影響で、滑走路の閉鎖が続いていましたが、8日、午後9時ごろから、車両を使って機体を格納庫までけん引する作業が行われ、作業は終了しました。

奄美空港発着の便は9日の始発から運航を再開し、空港ロビーでは、利用客らがほっとした表情を見せていました。

国土交通省は、今回の件を、事故につながりかねない重大インシデントに認定し、9日、午前10時半ごろから事故調査官3人を現地へ派遣し、詳しい原因を調べています。