鹿児島市で軽自動車が中央分離帯に衝突 21歳女性が重体

カテゴリ:地域

6日夜、鹿児島市で軽自動車が中央分離帯に衝突し、軽自動車を運転していた21歳の女性が意識不明の重体です。

警察によりますと6日、午後11時半ごろ、鹿児島市西別府町の市道で、軽自動車が中央分離帯にぶつかっているのを通行人が発見し、警察に通報しました。

この事故で、軽自動車を運転していた鹿児島市西別府町の吉原佳奈美さん(21)が腹などを強く打ち病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

現場は、信号機のないT字路付近で、見通しは良く、警察が詳しい事故の原因を調べています。

年明けから県内では交通事故が相次いでいて、6日間で4人が死亡しています。