かごしま国体炬火リレーのルート決定 全市町村を5千人が駆け抜ける

カテゴリ:地域

今年10月開催のかごしま国体の炬火リレーのルートが決まりました。

かごしま国体の炬火リレーは薩摩コース、大隅コース、離島コースの3つに別れ、8月11日に各コース一斉にスタートします。

炬火は約3週間かけて県内43市町村すべてを回り、県民5000人以上がリレーでつなぐ見通しです。

国体で県下全域を巻き込んで炬火がリレーされるのは、2012年に岐阜県で開かれた国体以来で、三反園知事はオールかごしまで大会を盛り上げたいとしています。

今後、各市町村でランナーの公募や詳しいコースの選定が行われます。