東電・小早川社長が福島第一原発で年頭の訓示「安全かつ着実な廃炉の推進が大前提」

カテゴリ:地域

東京電力の小早川社長は福島第一原発で年頭の訓示を行い、廃炉作業を着実に進めて復興に貢献すると決意を示した。

東京電力 小早川智明社長:「安全かつ着実な廃炉の推進が大前提です。その上で地元の皆さんの願いでもある復興と廃炉を両立していく事がこれからの重要な仕事となっています」

東京電力の小早川社長は、福島第一原発で社員に対して年頭の訓示を行い、廃炉作業と復興を進めると決意を示した。

また、トリチウムを含んだ処理水に関しては「排出量を減らす努力をする」とし、風評の払拭に向けても積極的に関わっていくと話した。

小早川社長は、福島県の大熊町や双葉町など原発事故に伴って避難指示が続く自治体を訪問することにしている。