便宜図った見返りに現金受け取ったか 大阪・岸和田市の市民病院センター長を逮捕

カテゴリ:地域

大阪府岸和田市の市民病院の呼吸器センター長が、研究の手続きなどで便宜を図る見返りに、共同研究の相手から現金20万円を受け取った疑いで逮捕されました。

収賄の疑いで逮捕されたのは、市立岸和田市民病院の呼吸器センター長で、医師の加藤元一容疑者(62)です。

警察によると、加藤容疑者はことし3月から花粉症の症状を和らげる研究を、贈賄の疑いで逮捕された医療団体の代表理事・小嶋純容疑者(63)と共同で始めました。

その際、倫理委員会での承認などが円滑に進むよう便宜を図る見返りに、小嶋容疑者から現金20万円を受け取った疑いが持たれています。

警察は、2人の認否を明らかにしていません。

病院側は「事実関係を確認したうえで厳正に対処する」と、コメントしています。