“新味”ポテトチップスで受験生応援!「令和」縁の地で誕生 高校生と企業が共同開発 9日発売 福岡県

カテゴリ:地域

「令和」縁の地・福岡県太宰府市。

天満宮が学問の神様としても知られることから、受験生応援をコンセプトに4日、新しいポテトチップスが発表されました。

いったいどんな味なんでしょうか。

2019年の新語・流行語大賞にノミネートされた「令和」。

その縁の地・太宰府市で新たな商品が誕生しました。

【リポーター】

「きょう発表された新商品がこちら『合格する梅・梅キムチ味』のポテトチップスです」

太宰府市内で収穫されたウメを使ったこの商品は、福岡農業高校の生徒が大手菓子メーカー「カルビー」と共同開発した商品です。

4日は開発に携わった生徒9人が、太宰府市の楠田市長に完成を報告しました。

2013年から、毎年高校生のアイデアを元に商品を開発してきた「合格する梅」シリーズ。

2019年の味は、辛さでやる気を梅増する「梅キムチ」です。

【リポーター】

「キムチの辛さと梅のすっきりとした後味がおいしいです」

【福岡農業高校 食品科学科 枇榔保奈美さん】

「受験生の方だけでなく、小さいお子様からお年寄りまで勝負事にとりくむ人にも食べてもらって、やる気を出してもらえたら」

学問の神様・菅原道真が奉られる太宰府。

令和最初の受験シーズンを前に期待が寄せられます。

商品は12月9日から九州などのスーパーで販売されるということです。