商品券「換金して使った」“受託収賄”で逮捕の教師 話もちかけられ願書提出を促したか 福岡県北九州市

カテゴリ:地域

県立高校のスポーツ推薦入試をめぐる収賄事件で、高校教師が逮捕された事件。

この教師は受け取った商品券は「換金して使った」と話していることがわかりました。

福岡県立八幡南高校でサッカー部の顧問をしていた本田竜大容疑者(40)は、スポーツ推薦で入学を希望する受験生の親から、顧問枠で推薦する見返りに約5万円の飲食接待を受けたほか、合格後に、商品券10万円分を受け取った受託収賄の疑いで2日、逮捕されました。

その後の捜査関係者への取材で、本田容疑者は商品券を「換金して使った」と供述していることが新たにわかりました。

本田容疑者は父親から話を持ちかけられたあと、中学校に出向いて、この生徒の願書を出すよう働きかけたとみられています。

警察は、推薦入試をめぐる状況などをさらに詳しく調べています。