バーテンダーが障害者支援施設を訪問 利用者にカクテル振る舞う 秋田

カテゴリ:地域

 秋田県内の飲食店で働く日本バーテンダー協会・秋田支部に所属するバーテンダー2人が4日、秋田市の障害者支援施設を訪れ、利用者にノンアルコールカクテルを振る舞った。

 巧みにシェーカーを振るバーテンダー。腕を振るうのはバーではなく、障害者支援施設。

 シロップやジュースで作られた色とりどりのカクテルを楽しんだ利用者たち。お酒は入っていないが上機嫌だ。

 カクテルを楽しんだあとは、シェーカーの持ち方や振り方を教わってバーテンダーの体験もした。

 利用者たちは特設のバーで楽しい時間を過ごしていた。