南海トラフ地震“臨時情報”後も伊方原発運転継続

カテゴリ:地域

南海トラフ地震が発生する可能性が高まったとして気象庁が「臨時情報」を発表した後も四国電力は原則として伊方原発の運転を継続することがわかりました。

国は南海トラフ地震が発生する可能性が高まったとして気象庁が「臨時情報」を発表した場合住民に事前避難を呼びかけます。四国電力は、その際伊方原発では想定よりも強い揺れに対応できる安全対策をとっているとして「設備に支障がなければ運転を継続する」考えを示しました。国のガイドラインでは、臨時情報が発表された場合電力会社は「電気の供給を確保することが不可欠」としていますが、原発については「安全を確保した上で適切な対応をとる」と記載したのみで運転継続の判断は各電力会社に委ねられています。県にも原発の運転停止を求める指針などはなく、四国電力に対し「安全対策に一層留意するよう求めたい」としています。