「お手柄」小学生コンビ ”用水路に落ちたお年寄り”の救助に活躍 警察から感謝状

カテゴリ:地域

心温まるニュースです。

奈良県桜井市の小学生が用水路に落ちたお年寄りを救助し、警察から感謝状が贈られました。

【奈良・桜井警察署長】

「ご苦労様!ありがとうね」

3日、奈良県警から感謝状が贈られたのは桜井小学校5年の栗山真槻くん(11)と森田空くん(11)です。

「お手柄」があったのは今年10月。

休日に遊んでいた2人は、道路脇から「うめき声」がしたため用水路を覗きました。

【栗山くん】

「あお向けで倒れていた」

【森田くん】

「なんでこんなところにいるのかな?…と」

深さ約1mの用水路に倒れた男性(89)が…。男性はガードレールに腰掛けようとして転落し、頭をけがしていました。

【森田くん】

「(用水路が)深いなと思って、大丈夫ですか?と言い続けた。助けようとして自分らもけがしたら元も子もないから」

そこで、2人は近くを歩いていた人に通報を依頼。男性は駆け付けた警察官に救助されたのです。

【奈良・桜井警察署長】

「君たち2人の通報が、人の命を救った。本当にありがとうございました」

【栗山くん】

「嬉しい」

【森田くん】

「助けて誇らしいって感じです。出来る限りことはやって、無理なことがあったら通行人に助けてもらう」