福島第一原発 排気筒解体 110メートルの高さで作業員による切断作業 強風により中断

カテゴリ:地域

東京電力は、福島第一原発の排気筒解体工事で、遠隔操作による切断を一度中断し、作業員による切断作業を始めた。

東京電力は、遠隔操作の装置を使って1・2号機排気筒の解体作業を行ってきたが、装置の不具合が相次いだことから一旦これを断念。

3日、午後4時過ぎから作業員がおよそ110メートルの高さまでのぼり、電動のこぎりを使って切断を開始した。

今回の作業は、遠隔操作の装置で切断できなかった部分を切断するもので、東京電力は3日のうちに作業完了することを見込んでいたが、風が強まったことから午後5時半頃に作業を中断した。