【北海道の天気 12/3(火)】今季一番の寒気であすにかけて冬の嵐に! 暴風雪に警戒を

カテゴリ:地域

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆今夜~あす朝は大荒れのピーク

 この時間は日本海側と太平洋側西部の一部に暴風雪や暴風の警報が発表されています。

 あす夕方にかけての雪の量は上川北部で50センチと予想されていて、同じようなところで集中的に雪が降るおそれがあります。

 今夜からあす朝にかけては雪の降り方がいっそう強まりそうです。

◆あすは厳しい寒さに

 あすの最高気温は各地とも氷点下となる見込みで、倶知安町は-7℃の予想です。

 風が強く、体感温度はさらに低く感じられそうです。

◆あすの予報

 札幌市内でもあすは5~10センチの雪が降る見込みです。

 南区の定山渓では20センチを超える大雪となる可能性があり注意が必要です。

 道北はサラサラの雪が風に舞って、地吹雪によるホワイトアウトのおそれもあります。

 名寄の最高気温は-7℃の予想です。

 また、太平洋側でも西風が強く吹き、海は波の高い状態が続くでしょう。