福島県会津地方がONE TEAMで!人口減少・少子高齢化など共通の課題を県・民間とも連携して取組む

カテゴリ:地域

福島県会津地方の13市町村は共通して抱える多くの課題を解決するため、県と連携して取り組むことにした。

12月2日に発足した新たな協力組織には、会津地方の13市町村と県の出先機関が参加している。

会津地方は福島県内でも人口減少・少子高齢化が特に進んでいるなど、複数の市町村が県や民間とも連携して解決に取り組む必要のある課題を多く抱えていることから結成された。

会津地方振興局長 守岡文浩さん:「それぞれの市町村ごとに得意分野が様々ございます。喫緊の課題に取り組んでいくチームとして、まとまって取り組んでいくと」

今後は、「地域産業の活性化」など12の課題に取り組む予定で、「人口減少対策」では空き家の情報を発信して移住につなげる仕組み作りを行うことにしている。