安心安全な武雄市を目指して「年末年始パトロール隊」出発式【佐賀県武雄市】

カテゴリ:地域

人の往来が激しくなり事故や犯罪が増える傾向にある年末年始を前に、武雄市では警察と防犯ボランティアがそれぞれパトロール隊を結成し、出発式が行われました。

武雄警察署では年末年始にかけ交通事故や犯罪が増えるとして、毎年、防犯ボランティア団体と連携し、警戒を強めています。きのうは警察や防犯ボランティアなどおよそ60人が集まり、パトロール隊の出発式が行われました。勝屋弘善署長は「警察とボランティアが一致団結して、安全安心な武雄市を作っていきましょう」と激励しました。武雄警察署の岩迫健パトロール隊長は「年末年始にかけて犯罪や交通事故が多発します。交通量も増えますので交通事故には十分に気を付けていただきたい」と呼びかけました。

武雄警察署では、歩行者が事故に巻き込まれるのを防ぐため、パトカーに反射材を積んでパトロールしていて、散歩中の高齢者などに配布しているということです。