盛岡市役所に「おくやみコーナー」設置 遺族の手続きをサポート【岩手】

市民が亡くなった後に遺族が行う年金などの手続きをサポートする「おくやみコーナー」が盛岡市役所に設けられた。

谷藤裕明市長

「大切な方を亡くされたご遺族にとりまして、その後の手続きの種類や進め方に大きな不安を抱えていることと存じます」

岩手・盛岡市の谷藤市長は、2日の会見でこのように述べ、11月25日に市役所の市民登録課に「おくやみコーナー」を設置したと発表した。

岩手県内の自治体では初めての取り組みで、市民が亡くなった際、遺族に対してどの部署でどのような手続きが必要か案内する。

しばらくの間は予約を取らず市役所を訪れた人を対象に行うという。

おくやみコーナーは月曜日から金曜日の午前9時から午後4時まで受け付けている。