貯金?ご褒美?待ち遠しい冬のボーナス 民間・公務員とも支給額が減少との推計も 銀行が資産運用呼びかけ

カテゴリ:地域

冬のボーナスが支給されるのに合わせて福島県内の銀行が資産運用を呼びかけた。

2日、JR福島駅前では朝の通勤時間帯に福島県内の各銀行の行員がチラシを配り、冬のボーナスを預金や投資などに回すよう呼びかけた。

ボーナスについて街の人は…

「今のところやはり貯金ですか。自分の将来について考えますので」

「一気に大きく貰えるので、自分のご褒美になるので、すごく嬉しいです」

とうほう地域総合研究所では、福島県内の冬のボーナスの平均支給額は民間が2年連続で減少して33万983円。福島県内の公務員は去年より2万5618円少ない86万5854円と推計している。