佐々木朗希投手・背番号は17 ロッテと契約 1年目の目標として「経験」の二文字【岩手・大船渡市】

千葉ロッテマリーンズからドラフト1位指名を受けた岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手が11月30日球団と契約を結んだ。

注目の背番号は17番に決まった。

大船渡高校の佐々木朗希投手は、高卒新人では最高条件となる、いずれも推定で契約金1億円、出来高5000万円、年俸1600万円で入団に合意した。

千葉ロッテ入団佐々木朗希投手

「今まで見たことのない金額だったので期待も感じましたし、その分一生懸命がんばっていきたいと思った。(使い道は?)しっかり貯金したいと思います」

注目の背番号は17番と発表され、将来170キロの剛速球を投げてほしいという球団の思いが込められているという。

千葉ロッテ・松本尚樹球団本部長

「ロッテのエース、日本のエースになってほしいと本人にもずっと言っている」

また、ロッテのお菓子のなかで「パイの実」が好きだという佐々木投手のために、球団から特大の「ササキの実」がプレゼントされた。

さらに1年目の目標として色紙に書いたのは「経験」の二文字。

大きく羽ばたくために経験を大切にしたいとの思いが込められている。

佐々木朗希投手

「チームの一員として日本一が目標ですし、個人としては沢村賞が一番投手の中で高い賞だと思うので、そこを目指して頑張りたい」

佐々木朗希投手は12月9日、千葉県で開かれる新人選手の入団会見に臨む。