伊藤ふたば選手(盛岡中央高)複合優勝 スポーツクライミング国際大会【岩手・盛岡市】

スポーツクライミングの国際大会がフランスで行われ、女子複合で岩手・盛岡中央高校の伊藤ふたば選手が優勝した。

フランス・現地時間1日、伊藤ふたば選手は予選5位で、上位8人が出場する決勝に進出した。

壁を登る速さを競うスピードでは4位だったが、3つの課題を登り切った完登数で競うボルダリングで力を発揮する。

手足の長さを生かした抜群のバランス力で登り切った。

3つ目の課題を1回で完登するなど、すべての課題をクリアした伊藤選手は、ボルダリングで1位となった。

また登る高さを競うリードは7位だったが、全体的に安定した成績を残した伊藤選手が優勝した。

伊藤ふたば選手

「目標は優勝だったので、すごくうれしいです。リードは、良くなくて終わった瞬間は駄目かなと思ったが、優勝と聞いてすごく驚いた」

日本山岳・スポーツクライミング協会の選考基準では、この大会で優勝したことで伊藤選手はオリンピックの出場資格を満たしたことになる。

しかし、国際連盟は8月の世界選手権で日本のオリンピック代表男女各2人は既に確定したと認識していて、食い違いが生じている。