令和初の初詣に向け盛岡八幡宮で正月準備【岩手・盛岡市】

盛岡八幡宮では正月用の縁起物を作る作業がピークをむかえ、初詣客を迎える準備が進んでいる。

盛岡八幡宮では毎年10月ごろから正月を迎えるための準備が始まり、現在は破魔矢づくりが盛んに行われている。

12月2日は6人の巫女が2020年の干支にちなんだねずみと令和の文字が描かれた絵馬などを飾った矢を1本1本ていねいに仕上げていた。

巫女

「手に取っていただける方の来年の健康やご多幸をお祈り申し上げながら、一本一本丁寧に縫製させていただいております」

今年は約1万本の破魔矢を用意する予定で、現在は7割ほどが完成している。

このほか縁起物の「熊手」や「しめ縄」はすでに準備が終わり、完成した破魔矢とともにお祓いすることになっている。

盛岡八幡宮では正月3が日に訪れる初詣客の人出を24万5000人と見込んでいる。