高速船「なんきゅう」 高波で乗客9人けが うち2人は骨折か

カテゴリ:地域

2日夕方、鹿児島県南大隅町の根占港から指宿市の指宿港に向かっていた高速船「なんきゅう10号」が高波で揺れ、乗客9人がけがをしました。

指宿海上保安署などによりますと、2日午後4時45分ごろ、南大隅町の根占港を出港し指宿港に向かっていた高速船「なんきゅう10号」の船長から「船が揺れた際に乗客が負傷した」と消防に通報がありました。

船は指宿港に到着しましたが、出港して4分後から揺れていたということで、事故は高波によるものとみられています。

乗客・乗員計57人のうち男女9人がけがをし、この中の女性2人が腰の骨を折る重傷を負ったとみられています。