屋久島町長 業者から飲食の接待受ける 金銭授受は否定

カテゴリ:地域

鹿児島県屋久島町の荒木耕治町長が、町の事業への参入を目指す業者から飲食の接待を受けていたことが分かりました。

屋久島町でごみ処理施設の運営業務の受託を目的に2012年に町内に会社を設立した屋久島出身の男性が記者会見し、明らかにしました。

男性によりますと、荒木町長への接待は2012年から約2年間で10回前後にわたり鹿児島市の飲食店で行われ、1回につき飲食代1万円から2万円を支払ったということです。

また、男性は2013年1月に鹿児島市内の飲食店で、2014年12月には町内の役場内で現金100万円ずつ合わせて200万円を荒木町長に手渡したと主張しています。

いずれも「廃棄物処理施設の運営業務を受託するためだった」と話しています。

この件について荒木町長は「飲食接待は当選祝いという認識だったが、返金したい」と話しています。

一方、現金200万円の授受については否定しています。