「3人を返して」 小郡妻子殺害 元警察官に死刑求刑 被告は一貫し無罪主張 13日に判決 福岡県

カテゴリ:地域

福岡県小郡市で2017年、妻子3人を殺害した罪に問われている元警察官の裁判員裁判で、検察側は被告に死刑を求刑しました。

福岡県警の元巡査部長・中田充被告(41)は2017年6月、小郡市の自宅で妻の由紀子さん(当時38)と長男の涼介君(当時9)、長女の実優ちゃん(当時6)の3人を殺害した罪に問われています。

直接的な証拠はなく、中田被告は逮捕段階から一貫して無罪を主張し、初公判では「間違いなくえん罪」と述べていました。

2日の裁判では論告に先立ち、由紀子さんの母親が「由紀子と一緒に子供の成長を見守るはずだった。3人を返してください。悔しくてたまらない」と訴え、厳しい刑を求めました。

そして検察側は「現職警察官が家族3人を皆殺しにした、世にもまれな重大な事案」と指摘し死刑を求刑しました。

これに対し中田被告は「適切な判断をお願いします」と述べて審理は終結し、判決は12月13日に言い渡されます。