トナミ運輸勢優勝ならず

バドミントンの全日本総合選手権の各種目の決勝が東京で行われました。

男子シングルス決勝はトナミ運輸の西本拳太が世界ランキング1位の桃田賢斗に挑みましたが、0対2で敗れました。

女子シングルス決勝は大堀彩が世界ランキング3位の奥原希望に0対2で敗れこちらも準優勝でした。

男子ダブルス決勝ではトナミ運輸の園田啓悟と嘉村健士の「ソノカムペア」が1対2で破れ、2連覇を逃しました。