馬毛島160億円で売買契約成立 関係者は…

カテゴリ:地域

アメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練の移転候補地となっている西之表市の馬毛島(まげしま)について政府は地権者から160億円で買収する契約を結びました。

西之表市の馬毛島はアメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練の移転候補地として2011年に日米両政府が合意し政府と馬毛島の大半を所有する東京の開発会社「タストン・エアポート」の間で交渉が続けられていました。

今年1月、両者はおよそ160億円で基本合意したものの、タストン社の社長が交代するなど、交渉が中断していました。

関係者によりますとその後、再交渉した結果、タストン社が所有する土地のうち建物などがある約4万坪を残す条件のもと、29日夕方160億円で売買契約を結んだということです。

国は今後、自衛隊の基地を馬毛島に整備した上でアメリカ軍の訓練を移転させる方針です。

タストン社の立石勲(たていしいさお)社長はきょうKTSの電話取材に応じました。

タストン・エアポート立石勲社長「これからの南シナ海 日本のために馬毛島に大いに活躍してもらいたい。補償金にしても(米軍)再編交付金にしても大きな地元に対する貢献」

また、西之表市の八板俊輔市長は30日臨時の記者会見を開きました。

八板俊輔市長「完全な合意ではないと考えている。引き続き住民や議会の意見を聞きながら対応していきたい」

訓練移転を巡っては西之表市民の中で賛否が分かれています。

住民「人口減少に歯止めがかかり、町の活性化になればいい」「ショックです。(馬毛島を)大事にしたい気持ちがわいた」