九州の荷物を北九州から世界へ 北九州空港に国際貨物定期便 大韓航空が開設 ロス~北九州~仁川 福岡県

カテゴリ:地域

大韓航空は、北九州空港と韓国の仁川空港を結ぶ国際貨物定期便を新たに開設し、30日早朝、記念式典が開かれました。

開設されたのはアメリカのロサンゼルスから北九州を経由して、仁川まで運航する大韓航空の国際貨物の定期便で、第1便が30日午前5時半ごろ、北九州空港に到着しました。

この国際貨物便は水曜日と土曜日の週2便運航され、30日は大型の貨物専用機に自動車部品や半導体などの工業製品、およそ51トンが積み込まれ、今後、北部九州からの輸出拡大が期待されます。

【北九州市・北橋市長】

「九州の品物は、ここから世界に届けていくと、そういう可能性が大きく開けてくると信じています」

午前8時半に離陸した貨物機は、午前10時に仁川に到着し、北九州市で積み込まれた荷物は30日中に、世界各地に向け送られます。