今シーズン初 鳥インフルエンザウイルス検出 西条市の加茂川のフンから 【愛媛】

カテゴリ:地域

西条市で野鳥のフンから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことがわかりました。今シーズン全国で初めての検出です。

県によりますと、今月19日西条市の加茂川の河口で渡り鳥のカモなどのフンを県が採取し、国の機関で検査したところ、致死率の低い鳥インフルエンザウイルス(H7N7亜型が)が検出されました。鳥インフルエンザウイルスの検出は今シーズン全国で初めてで、県内では2年前に同じ加茂川の河口で検出されて以来2回目です。

県は県内118の養鶏農家にニワトリの健康状態を調べるほか、消毒や野鳥の侵入防止対策の徹底などを呼びかけています。