かゆみ強まるメカニズム 九大などが発見 教授「新薬開発につなげたい」福岡県

カテゴリ:地域

一般的に、かゆみは皮膚に付着したダニなどの異物を引っかいて除去しようとする防衛反応と考えられています。

一方、病気などに伴う慢性的なかゆみは、これまで脊髄内で作られたリポカリン2というタンパク質が関係していることは分かっていましたが、このリポカリン2がどのようなメカニズムでかゆみを強めているかは、分かっていませんでした。

九州大学を中心としたグループは今回、リポカリン2がかゆみを伝達する神経を刺激することでかゆみの信号が強まり、慢性的なかゆみを引き起こすメカニズムを世界で初めて発見したということです。

研究グループの津田誠教授は「リポカリン2が作られる仕組みや、他の神経への影響など残る課題を明らかにし、新薬の開発につなげたい」としています。