福テレ話題プラス 「温活で体温を上げよう!」

カテゴリ:地域

「温活」とは…

低くなった体温を適正な温度まで上げる活動のこと。

エステー株式会社に聞いた

【冷え性には大きく分けて2つ「血管収縮型冷え性」と「血管拡張型冷え性」】

<血管収縮型冷え性>

冷え性の7割以上はこのタイプ。特徴は手足が冷えること。

手足などの血管の血行不良やセルライトが原因とされている。

このタイプの人は手足にまで血液が十分に届いていないので集まっている血液を身体の末端に流してあげる工夫が必要!

手足ではなくお腹など体の中心を腹巻やカイロで温めよう。

お腹と背中で挟むようにして貼ると良い。

簡単エクササイズもオススメ!

1 椅子に浅く座る

2 左肘と右ひざを近づける。左右20回ずつ。

背筋を伸ばすのがポイント。

<血管拡張型冷え性>

ストレスなどによる自律神経の乱れが原因で常に血管が拡張しており体温が奪われていく。通常の防寒対策に加え首、お腹、足先を冷気から守る。

マフラーや厚手のソックス腹巻で対策を。

【どちらにも効果的なのがお風呂で関節を動かすこと】

関節が硬くなると血行が悪くなるので湯船に浸かりながら足首や手首などをよく動かす。

「温活」で寒い冬を乗り切ろう!