「学校を訪れる人を笑顔に…」 花壇コンクール 入賞校の表彰式 静岡県庁 

カテゴリ:話題

児童・生徒が種から育ててきました。

花壇コンクールで入賞した学校の表彰式が、19日県庁で開かれました。

コンクールは地域の美化に関心を高めてもらおうと、毎年行われていてます。

今年は、小中学校と特別支援学校あわせて52校から応募があり、このうち10校で審査員が学校へ出向き、花の組み合わせや育成状況を審査しました。

19日県庁で表彰式が開かれ、最優秀賞に牧之原市立萩間小学校の花壇が選ばれると、記念の旗や賞状が花を育ててきた子供たちに手渡されました。

高さの違う花を生かして立体的に構成し、天候により水をまく量を調整するなど工夫を凝らしたということです。

八木和奏さん「台風がありそれで花が倒れたりしたことがあったので大変でした」

三浦楽さん「学校に来る人たちが笑顔になるような花壇を作りたかった」

主催者は「花づくりの楽しさを周囲に伝え、地域を美しくしようとする活動の輪を広げてもらえたら」と、今後の活動に期待を寄せていました。