「いい夫婦の日」は花を買って帰ろう…大切な人へ“ありがとう”〈仙台〉

カテゴリ:地域

今週金曜日、11月22日は「いい夫婦の日」です。「いい夫婦の日」に大切な人に花をプレゼントしてもらおうと、一足早く県庁で花の販売会が行われました。

記者リポート

「ピンクや赤など色とりどりの花が用意され、会場は良い香りに包まれています」

この販売会は「いい夫婦の日」に大切な人に花を贈る習慣を定着させようと、県の「花と緑普及促進協議会」が企画したものです。

10年目となる今年は、およそ400人の県職員が花を注文したということです。

用意されたのはバラやガーベラ、シクラメンなど県内で生産された花を使った、鉢植えやアレンジメント。

皆さん、贈る相手のことを思い浮かべているのでしょうか、1つ1つ手に取りながら時間をかけて、花を選んでいました。

結婚3年目

「妻も仕事をしているが忙しい中、家事などをやってくれているので、いつもありがとうの気持ちを込めて」

結婚5年目

「可愛らしい色なので、気に入ってくれるかなと」

県 園芸振興室 佐々木あかりさん

「宮城県内では沢山の素晴らしい花が生産されているので、この機会に県産の花に関心を寄せていただきたい」

今夜はそれぞれの家で笑顔の花が咲くんでしょうね。