さくらももこさんのカメ 車中で産卵 来春の孵化に大きな期待 静岡・河津町

カテゴリ:話題

河津町の動物園で飼育されている漫画家さくらももこさんのカメ「カメミ」が18日、ついに産卵しました。

産卵は、車での移動中だったということです。

ビルマホシガメの「カメミ」は、さくらさんが亡くなったあと、河津町にある体感型動物園で、オスのカメと一緒に飼育されていましたが、10月に、お腹に4つの卵があることが分かりました。

しかし、なかなか産卵しなかったので、18日午後、動物病院に再度レントゲンを撮りに行くことに。

すると、その車の中で3個の卵を産んだということです。

記者

「こちらにカメミの卵が入っています」

卵は、現在孵卵器で温められていて、順調にいけば90日から100日で孵化する予定です。

体感型動物園iZoo飼育員・松田瑞季さん

「カメミの場合は初産ということもあり、中々産卵が難航していたので、今回は無事に産んでくれて良かったという感じです」

産卵後のカメミは良く食べ、良く歩き、いたって健康で、残り1個の卵も近々産卵するとみられています。