息子の首を手で…母親を殺人未遂の疑いで逮捕 秋田

カテゴリ:地域

 18日夜、秋田県大仙市の自宅で小学生の息子の首を絞めたとして、30代の母親が殺人未遂の疑いで逮捕された。息子の命に別条はないという。

 逮捕されたのは、大仙市に住む無職の30代後半の女。女は、18日午後6時40分ごろ、大仙市内の自宅のアパートで小学校低学年の息子の首を手で絞めて殺害しようとした殺人未遂の疑いが持たれている。

 警察の調べに対して、女は「首を手で絞めた」と供述しているものの、殺意については否認している。警察によると、息子の首には手で絞められたような跡があったが、会話もできていて命に別条はないという。

 犯行当時、部屋には女のほかに女の父親と息子の3人がいて、女の父親が犯行を止めたとみられている。また、女が「夕食後、自分のスマートフォンで息子がゲームをしていて、これを止めようとして犯行に及んだ」という趣旨の供述をしていることが新たにわかった。

 また、2019年3月と3年程前に、家族間トラブルがあり、警察が児童相談所に連絡していた。警察は、20日にも女の身柄を秋田地方検察庁に送ることにしている。