山積みの「災害ごみ」 満杯状態で1カ所受け入れ休止へ 住民「まだ出る…」 長野

カテゴリ:地域

長野市松代町にある災害ごみの「仮置き場」が保管量の上限に近づいたため、受け入れを休止します。

山積みになった災害ごみ。長野市が指定する松代町の青垣公園の仮置き場です。保管量の上限に近づいたため、受け入れは17日までで、18日以降休止されます。

住民:「まだあるから、今月いっぱいは受け入れてもらえれば」

市によりますと、青垣公園は8割以上が埋まり、今後、場内整理を進めるということです。受け入れ可能な指定の仮置き場は、アクアパル千曲と篠ノ井運動場の2ヵ所になります。市内では災害ごみの処理も課題となっていて、県内外の自治体にも協力を求めています。