盛岡市先人記念館で講演会 金田一秀穂さんが「京助」を語る【岩手】

カテゴリ:地域

16日、岩手・盛岡市先人記念館では、言語学者・金田一京助の企画展に合わせ、孫の金田一秀穂さんによる講演会が開かれた。

金田一京助は、1882年に盛岡市で生まれ、アイヌ語研究の第一人者として、文化勲章を受章している。

企画展には京助が、石川啄木と親交があった事を示すハガキや当時の写真など、合わせて91点が展示されている。

16日は、これに合わせて、孫で大学教授の金田一秀穂さんが講演した。

秀穂さんは、家族ならではの目線で、幼かった時に見た京助について、

「京助は一生懸命、ユーカラ(アイヌ叙事詩)の原稿を並べて書いている。

 それは僕は、ふと思ったのだが、努力ではないと思う。それはね、好きだから

 やってたんだろうな」と話した。

秀穂さんのユーモアあふれる語り口に、訪れた人たちは時折、笑い声をあげて聞き入っていた。