福テレ空ネット 福島県16日(土)17日(日)の天気は?&地名に込められたメッセージとは?

カテゴリ:地域

(2019年11月15日(金)午後5時45分発表)

福テレ 斎藤気象予報士による独自天気予報

<11月16日(土)>

福島県会津地方で午後弱い雨 ぱっとしない天気

お出かけは17日(日)がよさそう。

<週間予報>

19日(火)20日(水)は冬型

21日(木)は来週で一番穏やかな日に…

【地名は災害を警告する??】

台風19号で浸水被害を受けた 福島県郡山市「水門町」

地名の由来を郡山市教育委員会に聞いてみた…すると「昔、水門があったと思われる」

同じく多きな被害を受けた いわき市平「平窪地区」

昭和4年に発行された「石城郡町村史」によると…「低地で凹なる所より平窪」との記載が。

また、伝統野菜の「阿久津曲がりねぎ」が被害に遭った郡山市阿久津町。

文字からは読み解けないが…

郷土史研究家の江代正一さんに聞いた。

【「あくつ」は日本固有の”大和言葉”で『低湿地』のことを意味する。洪水の時に泥がたまる肥沃な土地】

地名においしい野菜が育つ肥沃な土地ということと低湿地であるという意味が込められていた。

昔の人からの「この場所は気を付けて!」というメッセージが地名に込められている。