【ただいま天気 11/14 】さらに冷え込み強まる 乾燥にも注意

カテゴリ:暮らし

片山美紀気象予報士

【乾燥した空気と寒い一日】

14日は天気が回復してから湿度が下がり、乾燥した一日となりました。

湿度は最も低い時間で、静岡市で30パーセントでした。

インフルエンザの流行も始まりました。

静岡県では過去10年間で最も早い、流行の開始が発表されました。今年のピークは12月ころと予想されています。

そして、乾燥だけではなく、もう一つ注意したいのが寒さ!

寒冷前線が通過したあと、よく晴れましたが、天気図を見ると、

たくさんの等圧線が日本列島にかかっています。

等圧線の間隔がせまいということは?風が強いということですね。

【きょうの風の強さ】

静岡県内では西よりの風が吹きました。

石廊崎では23.4メートルの最大瞬間風速を観測。

静岡では、冬の風物詩といえば、からっ風。

14日は、その初日だったと言ってもいいのではないでしょうか?

【こんやから冷えて】

そして、寒冷前線といえば、寒気の最前線。いま、じわじわと寒気が流れ込んできています。

あす朝にかけて、寒気の流れ込みとともに気温が下がりそうです。日中は晴れていても、6日ぶりに20℃に届かないでしょう。

ダウンコートを着るほどではありませんが、これまでよりは暖かい格好でお過ごしください。

このまま一気に冬の寒さまっしぐら?と、おもいきや、そうではなさそうです。

一度、寒くなったのち、また月曜日あたりは気温が上がりそうです。

今後は何度か冷たい空気と、暖かい空気とが入れ替わりを繰り返して、本格的な冬がやってきます。

寒暖差が大きくなりますので、インフルエンザ対策とともに体調管理に気を付けてください。