特産の「ころ柿」作り進む 12月中旬に出荷へ〈宮城・丸森町〉

カテゴリ:地域

宮城県丸森町では特産の干し柿、「ころ柿」作りが始まっています。

丸森町耕野の小野昭一さん(69)の作業小屋では、11月14日、「ころ柿」用の柿の皮をむく作業が行われていました。

皮をむいた柿は順次、小屋の中で干されますが、今年は気温が下がるのが遅く、例年より4日ほど遅れて作業が進んでいるということです。

小野昭一さん

「台風の時期はひどかったけど、その後は天気も回復して晴れ間も出てたから、甘くは仕上がると思う」

小野さんの「ころ柿」は、12月中旬に、北海道に向けて出荷されるということです。