福島県郡山市が住宅に残った土砂の回収へ! 希望者に土のう袋を無料配布 【11月18日から作業開始】

カテゴリ:地域

福島県郡山市は11月18日から台風の浸水被害をうけた地域をまわり、住宅に流れ込みんだ土砂を回収する。

10月の台風19号で郡山市では阿武隈川などの河川が氾濫し、住宅内や敷地に大量のどろ水が流れ込む被害が相次いだ。

浸水した住宅地では、今も片付けが進められているが、多くの住宅では清掃作業などで出た土砂を処分できず残されたままになっている。

このため郡山市は、浸水地域の住宅をまわり土砂を回収することを決めたもので、11月18日から25日まで作業を行うということ。

市の道路維持課と4つの行政センターの窓口では、回収を希望する住民に土砂を詰める土のう袋を無料で配布している。