真っ暗な中で尻をつまむ… 天下の奇祭 「尻つみ祭り」 伊東市の神社で開催

カテゴリ:暮らし

天下の奇祭と言われる「尻つみ祭り」が、10日夜、伊東市の音無神社で行われました。

「尻つみ祭り」は、真っ暗な社殿の中で神事を行い、お神酒を次の人に渡す際、隣の人のお尻をつまんで杯を回す珍しいお祭りで、毎年11月10日に行われています。

また、境内では、お尻をつまむことにかけ始まった尻相撲大会も行われ、大人や子供、ゆるキャラまでが参加しました。

軽快なリズムに合わせ踊る参加者が、「ドドンがドン」の合図とともにお尻をぶつけあうと、観客はその行方に一喜一憂しながらユーモラスな勝負を楽しんでいました。