職場の環境改善に…女性技術者が“常磐道4車線化”現場見学〈宮城〉

カテゴリ:地域

ネクスコ東日本は土木職に就く女性の意見を反映させて、職場環境の改善に努めようと、工事現場の見学会を開きました。

11月11日は、建設会社で設計業務などを担当する女性技術者およそ80人が、来年度完成する予定の常磐道の4車線化工事の現場を見学しました。

国土交通省によりますと、建設現場で働く女性の割合は、わずか1割ほどにとどまっています。

参加者は実際に現場で働いている女性職員から、工事内容や労働時間などについて説明を受けました。

参加者

「なかなかこういう現場に来られる機会がないので、すごく貴重な経験」

参加者

「私たちが発信していくことで、少しずつ女性も建設現場で働くことができて社会に貢献できたらいい」

ネクスコ東日本では、11日の見学会で寄せられた意見を職場環境の改善に生かすことにしています。