ウミネコが観光客“襲撃” 日本三景・松島…餌付け禁止後に被害増

カテゴリ:地域

宮城県松島町では、食べ歩きをしている観光客がウミネコに食べ物を奪われる被害が相次いでいて、地元の飲食店が注意を呼びかけています。

記者リポート「いま女性がウミネコに食べ物を奪われました」

上空から勢いよく近づいてくるウミネコ。

観光客が手にしていた食べ物を一瞬のうちにパクリ!電光石火のごとく飛び去っていきました。

多くの観光客でにぎわう日本三景・松島。

近年、ウミネコによる“襲撃”の被害が相次いでいるという情報を受け、仙台放送が10日午前10時から取材を始めたところ、およそ4時間のうちに3人の観光客の被害が確認されました。

観光客「カレーパン取られました。全然気づかなかった。あ、取られたって感じ」

飲食店の店主「せっかく買ったのにと泣いちゃうお客さんもいて困っています。食べ物だけじゃなくて手も狙われるかもしれない」

松島湾ではウミネコのフンによる松枯れの被害が問題となり、5年前、遊覧船などでウミネコにエサを与えることが全面的に禁止されました。

その後、食べ歩き中の観光客を狙うウミネコの姿が目立つようになったといいますが、観光協会は「今年は被害が少ない」と話しています。

松島観光協会 志賀寧会長「今のところ去年と比べて(被害が)減ってきているので、あえて対策は今のところ考えていません」

これまでに観光協会にけが人の報告は入っていませんが、各飲食店では張り紙を出すなどして注意を呼びかけています。