全国高校サッカー選手権 長崎県大会 決勝 総附が国見を下し4連覇

カテゴリ:地域

全国高校サッカー選手権大会の長崎県大会の決勝が 10日諫早市で行われ、長崎総合科学大学附属が4年連続7回目の優勝を果たしました。

決勝は、大会3連覇中の長崎総合科学大学附属に、9年ぶりの優勝を狙う国見が挑みました。

総附が1点をリードし迎えた前半29分、国見の山川が頭で合わせ、同点に追いつきます。

しかしその6分後、総附がサイドを崩してチャンスを作り、最後は千葉!

勝ち越しゴールを奪い前半を折り返します。

後半も堅い守備で国見を寄せ付けなかった総附が、2対1で国見を下し4連覇を達成です。

長崎総大附 千葉 翼 選手「今年は全然タイトルがとれなくて、練習も厳しかったが、それを乗り越えてきたから優勝できたのでよかった」

総附は来月30日からの全国大会に県代表として出場します。