メキシコのテニス選手団 慰霊碑に献花

カテゴリ:地域

来年、開催される東京オリンピックに向けて、

広島市で強化合宿を行っているメキシコのテニス選手団が

きょう、平和公園を訪れ慰霊碑に献花しました。

けさ平和公園を訪れたのはメキシコの男女の

テニス選手やチームスタッフ、あわせて18人です。

一行は慰霊碑に献花した後、原爆犠牲者の冥福を祈って黙とうを捧げました。

【マヌエル・サンチェス・モンテマヨール選手】

「平和公園を訪れたことは、とても衝撃的な体験でした。

 私たちをこうした歴史的な場所に連れてきていただいたことに感謝しています。

 テニス選手団としてみな同じ気持ちを持っています。」

原爆資料館も見学した選手たちは広島市の職員らに案内され、

原爆により壊滅した街の様子を伝えるCGの展示などに見入っていました。

メキシコのテニス選手団は

今月18日まで広島市で練習や市民との交流を行い19日に帰国する予定です。