“ワーケーション”知ってる?旅先でも勤務扱い 大企業も始めた「新しい働き方」 静岡・下田

カテゴリ:ビジネス

白い砂浜に、釣り、キャンプ、海の幸!

魅力的な旅行先、下田。

そんな下田にあるレストランで食事をしていると思った人たちが手にしているのは・・・パソコン。

参加者

「相変わらず良いなっていう感じで」

「理想形だと思います」

「自然の中で働くのってめっちゃ良いなって思いましたね」

働く?そうなんです。ここにいる人たちは、今「勤務中」。

みなさん首都圏から来たライターやエンジニアなどフリーランスの人たちです。

こうした働き方は、ワークとバケーションを組み合わせて『ワーケーション』と呼ばれています。

新しい働き方LAB・長濱裕作さん

「仕事と休暇というものを一緒に組み合わせることで、より良いパフォーマンスを出していこう、仕事の面でもより良い成果物を作って行こうというような新しい働き方の一つとして、今、注目を集めていると思います」

ワーケーションは日本航空や東急エージェンシーなど大企業も導入を始めました。

インターネットがあれば休暇先でも「仕事の依頼」や「会社との連絡」、「ネット会議」に出ることもできます。

企業はたとえ休暇先にいても、働いている時間は勤務として扱います。

レストラン「ナンズキッチン」も、ワーケーションを受け入れるため、Wifiやプロジェクターを整備しました。

ナンズキッチン・梅田直樹さん

「ワークスペースが4つあるので基本的にはそこを使っていただいて、あとは外のテラスも使えます」

また、使われていなかった建物を借りて、長期滞在ができる宿泊棟も用意しました。 

梅田さん

「こちらが客室になります。こちらが一番大きい部屋、8名位」

全部で45室。

誰もがくつろげるリビングもあります。

利用客は・・・。

利用客

「リフレッシュ出来て、気が散るものも余計なものが無いので、たまにこういう所に来て集中して仕事をするというのもありだなと思いました」

初めて施設を利用したフリーライターの女性。

部屋から見える景色に感動したそうです。

女性 「すごい、夕焼けがきれいです。これ見るだけで価値がある」

心のどこかで、自分の置かれている仕事環境に変化を持たせたいと感じている人にとって、ワーケーションは新たな働き方の選択肢になりそうです。

◆「テレワーク」「シェアオフィス」との違いは…

シェアオフィスは、同じスペースを複数の人で共有する場所の事。みんなが来やすい、交通アクセスのいい駅前などにあるケースが多い。

テレワークは、自宅や、移住先の地方など遠く離れた場所にいて働く形態で、そこに住んでいるというケースが多い。

これらに対してワーケーションは、旅先・休暇先で数日間働くこと。リフレッシュしながら働くことができるというメリットや、ワーケーションを組み入れて“長期休暇”がとれるようになるというメリットもある。

下田市のナンズヴィレッジは、ワーケーション事業を展開する業者と提携していて、企業が月額料金を払うと社員はワークスペースや宿泊施設が何度でも無料で使える。

企業が業者に払うのは1人分で月額2万5000円。

個人のビジターでも1日6000円で利用可能。

ワークスペースでは異業種同士の出会い、地元の人たちとの出会いもあって新たなアイデアが生まれる可能性もある。

観光地側にとっても、旅行客が増えることになるのでメリットがあり、下田市は市としてワーケーションの誘致に乗り出している。