ツメナシカワウソ“くるり” 「ルルブル」アンバサダーに就任 仙台うみの杜水族館

カテゴリ:地域

「寝る」「食べる」「遊ぶ」「伸びる」。「ルルブル運動」のPR大使に仙台うみの杜水族館の「ツメナシカワウソ」が就任しました。

宮城県が子供たちの規則正しい生活習慣を促進する「ルルブル運動」のアンバサダーに就任したのは、仙台うみの杜水族館のツメナシカワウソの「くるり」です。

「ルルブル」とは「しっかり寝ル」「きちんと食べル」「よく遊ブ」、そして「健やかにのびル」から造った言葉で、子供たちの規則正しい生活リズムの定着を目指しています。

「ルルブル」運動開始から10年目を迎える今年、更なる普及を目指して水族館の人気ものでよく寝て、たくさん食べる、「ツメナシカワウソ」をアンバサダーに起用したということです。

見ていた女の子

「かわいい」

子供抱いたお母さん

「カワウソ君と一緒に元気に育ってもらえればと思います」

8日は村井知事もかけつけ、アンバサダー就任を祝いました。

8日からパンフレットの配布などのPR活動が行われます。