技術職が足りない…宮城県と丸森 “人的支援” 仙台に要請

カテゴリ:地域

台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町では、職員不足によって河川や林道の被害額をまとめ切れていません。そこで、県と町は8日、仙台市に対して人的支援を要請しました。

丸森町では河川の氾濫や林道の崩壊が相次ぎましたが、測量技術や正確な被害額を算定できる職員が不足しています。

このため8日、村井知事と保科町長が仙台市を訪れ、郡市長に対して土木系の専門知識を持つ職員の人的支援を要請しました。

これに対し郡市長は出来る限り協力したいと、支援に前向きな姿勢を示しました。

丸森町 保科郷雄 町長

「いかに早く復旧・復興するかが大事で、技術職が足りないものですから、仙台市さんにお願いしたところでございます」

丸森町によりますと被害額の算定は国の補助を受ける上で必要不可欠である一方、町内の被害は大小合わせ2000ヵ所にも上る見込みで専門職の応援が欠かせないという事です。