小泉大臣『要望実現へ全力で』 県議会が災害ゴミの処理加速について環境大臣に要望

カテゴリ:地域

災害ごみについて、北海道と東北六県の議長会が小泉環境大臣に要望を行った。

7日に、小泉大臣に要望を行った福島県議会の吉田議長。

北海道・東北六県の議会を代表して吉田栄光議長は、「被災した焼却施設の復旧に要する経費が非常にかかっております、国庫補助率のかさ上げをまず一つお願いをしたい」と、災害ごみの処理に関する財政支援を求めた。

さらに、郡山市のごみを他の自治体が引き受けるといった広域処理に対しても補助率を引き上げるよう求めた。

これに対し小泉大臣は、「災害廃棄物は環境省が主導して進めていますので、要望をしっかりと実現すべく、全力でやっていきたいと思います」と応えた。

ごみ処理の加速へ、環境省は財政面での支援だけでなく自治体間の調整なども求められている。