石巻市“独自”の応急修理制度 開始 家の修理費 最大60万円支援〈宮城〉

カテゴリ:地域

台風19号で浸水した住宅の修理費を自治体が一部負担する制度の受け付けが、宮城県石巻市で始まりました。市では、さらに独自の支援策を加えて対応することにしています。

「応急修理支援制度」は、災害救助法に基づいて住宅の壊れた屋根や風呂場など日常生活に必要な修理費の一部を自治体が負担するものです。

対象となるのは罹災(りさい)証明書で半壊以上の判定を受けた住宅で、1世帯当たり最大59万5000円、一部損壊(準半壊)では最大30万円が支援されます。

通常であれば、この制度は申請前に修理費用を業者に支払ってしまった場合は補助の対象外となりますが、今回、石巻市は独自の支援策として、修理費用を先に支払ってしまった場合も補助の対象に含めるとしています。

申請に来た人

「修理の見積りを取って、もう家の修理はしてもらったんです。石巻市も財政が大変だから少しでも助けていただけたらありがたいと思います」

申請には、罹災証明書が必要です。

今回、石巻市では住宅など9500戸以上が浸水被害を受けています。