健康増進や美容にもおすすめ!会津の特産品『おたねにんじん』 消費拡大を目指し福島県内でフェアを展開

カテゴリ:地域

福島県会津地方の特産品「おたねにんじん」の消費拡大を目指してフェアが展開されている。

朝鮮人参や高麗人参として知られる「おたねにんじん」は、会津地方で300年以上前から作られている特産品。

収穫したのは種から育てた5年物で、この時期は冬に備えて栄養分を蓄えるため特に美味しいという。

おたねにんじんの生産者 清水薬草 清水琢専務:「会津でとれる特産の良いものなので、身近な普通の食卓でぜひ召し上がって頂きたいなと思います。」

その「おたねにんじん」を味わえる店の一つが会津美里町の「ほっとぴあ新鶴」。

メニューの一つが、油で揚げた「おたねにんじん」に、「おたねにんじん」入りのルウをかけた特製カレー「ぴんぴんコロリご長寿カレー」

日影多加志記者リポート「ルウの中におたねにんじんの輪切りの大きなものが入っています。このルウのコクとおたねにんじんの苦みがベストマッチです。」

「おたねにんじん」の風味を生かそうと試行錯誤を繰り返して作られたこのカレーは、店で一番人気の逸品だ。

ほっとぴあ新鶴 大関智靖マネージャー:「健康増進に、あと体が温まりますので特に女性の方など、美容にも良いともいわれていますのでおすすめです!」

「おたねにんじん」の消費拡大をめざす福島県。

会津地方の11の店で今年いっぱい「おたねにんじんフェア」を開催中している。